冷房に頼りすぎると…

 暑くなってきて、会社や店舗などでは、冷房がかかり始めました。
冷房は、快適ですが、冷え性をはじめ、身体への負担が大きいので、
気をつけないといけません。

 人間は、本来、寒暖の差に応じて、体温調節をする機能が備わって
います。皮膚には、目に見えない無数の穴があいていて、暑さ寒さで、
その穴の数を調節します。暑くなるに従い徐々に、開いた状態の穴を
増やし、体内の熱を放出しやすい状態にします。逆に寒くなっていくと、
徐々に、閉じた状態の穴を増やして、体の熱が逃げないようにするそう
です。 

 暑くなったからといって、すぐに冷房に頼ってしまうと、体が暑さを感知
せず、十分な数の穴を開かせることができないそうです。そうなると、
その穴がしっかりと開ききっていない状態で、夏本番を迎えねばならず、
ますます、冷房に頼らないといけなくなってしまうそうです。ちなみに、
寒くなって暖房に頼ると、その逆のことが起こります。

 冷房三昧は、夏バテ、下痢、冷え症、夏風邪などの、体の不調を引き
寄せてしまいます。暑い上に、体の調子が悪いときたら、たまったものでは
ありません。なるべく、冷房にあたらないような工夫をし、暑さでヘロヘロに
なることなく、夏を過ごしたいですね。


 

この記事へのコメント

ズンズン♪
2010年07月07日 10:08
毎日 暑いですね(>_<) おっしゃる通り 早速 お腹ゴロゴロ 冷えてます。 仕事柄 エアコン 効かせて 快適空間に居ますと さすがに 体調 崩してしまいますねf^_^; 今は こっそり 室内温度を 上げたり 外に出て 外気温が 心地好い状態です♪

この記事へのトラックバック