6月30日に食べるお菓子とは

 早いもので、もうすぐ一年の半分が終わります。
去年のこの時期の記事でも触れましたが、6月30日には、
「夏越の祓」と呼ばれる行事が行われます。大きな茅の輪
をくぐって、半年間の無事を祈り、残り半年の厄払いをする
のですが、京都辺りでは、この日に食べる習わしになって
いるお菓子があります。


 「水無月」という和菓子なのですが、関西以外の地域では
見かけることが無く、あまり馴染みの無いお菓子です。三角
形の外郎の表面に、甘納豆の小豆が散りばめられた和菓子
です。昔、貴族が、暑気払いの為に、この日に氷を取り寄せ
て食べたことが由来だそうです。外郎部分がその氷片を表し、
表面の小豆は、厄除けを意味しています。


 今年は、6月30日が土曜日なので、もし近くの神社でこの
行事があれば、参加してみて下さい。残り半年の負の要素
が吹っ飛ぶかもしれません。そして、水無月のお菓子を見つ
けたら、それも試してみて下さい。


画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック