9月はメラニンに要注意

 メラニンと聞くと、シミ・シワの元と連想する方が多いん
じゃないかと思いますが、9月は、そのメラニン量が一番
多くなる時期なんだそうです。最近、何かを読んでいて
知りました。つい先日の事なのに、暑すぎて、何で知った
かを忘れてしまいましたが…。


 調べたところによると、メラニンというのは、紫外線等の
ダメージによりできる物質で、紫外線から肌を守る役割が
あるそうです。なので、完全な悪者ではないようです。
問題なのは、新陳代謝がうまく行われずにメラニンが肌に
残ってしまうことで、それがシミ・シワに繋がるらしいです。


 9月にメラニン量が一番増えるということは、7、8月の真夏
に浴びた紫外線が影響していると考えられるので、この時期
に、新陳代謝を促し、きっちりと洗顔するのが大事なのでは
ないかと思います。食事では、今の暑い時期だとサラダや
ジュース等で生野菜や果物を摂ったり、昆布やワカメ等の
海藻を摂ったりすると、良いです。ただし、冷えがある方は
生野菜・果物、甲状腺の不調を抱えている方は海藻、の摂り
過ぎにご注意下さい。


 昔学校の地理の授業で、日本は温帯地域と習いましたが、
日本はもう温帯地域じゃなくて、東南アジアと同様、熱帯地域
になったのではないかと思うくらい暑いです。ゲリラ豪雨は、実は
スコールだという話も聞きますし…。将来日本人は、東南アジア
の人のように肌が浅黒い民族になるかもしれません。そしたら、
シミのことは気にしなくてもいいですね。





 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック