山も頭も涼しいに限る

 9月も1週間が過ぎましたが、相変わらず蒸し蒸しとした
残暑が続いていて、嫌気を通り越し、なんとなく腹立たしさ
すら感じる今日この頃です。早く涼しくなってほしいという
願いを込めて、今回は、少しは冷却効果?がありそうな話題
をお届けします。


 暑い時期、市街地の暑さしのぎに、避暑地へ出かける方も
多いのではないかと思います。避暑地といえば、高原や山頂
といった山ですよね。そこで、前から疑問に思っていたのです
が、山は平地より太陽に近いのに、なぜ気温が低いのかと…。
調べたところによると、空気の量が関係しているそうで、その量
が少ないと、いくら太陽に近くても暑くはならないらしいです。
でも、紫外線量は多いので、平地より日焼けはしやすいよう
ですが…。


 ところで、「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがありますか?
山は上に行くほど気温が下がるのと同様、人間も頭に向かって
涼しくなるようにするのが自然の理にかなっているという考え方
です。なので、暑い時はなるべく上半身を冷やすように心がけて
下さい。足元の方が冷えるような状態にしてしまうと、暑さで沸騰
しがちな頭をよけい沸々とさせることになりかねません。暑い→
イライラの悪循環は色々な面でよくないので、気をつけて下さい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック