おはぎの別名とは

 19日は、彼岸の入りです。「暑さ寒さも彼岸まで」と言います
が、今のところは、いまいち…。でも、一応、まもなく秋の彼岸
ということで、今回はその話題です。


 お彼岸と言えば"おはぎ"ですが、おはぎに別の呼び方がある
のをご存知でしょうか?それは、ぼたもちです。お店では、おはぎ
として売られていることが圧倒的に多いので、ぼたもちの文字を
見かけることはほとんどありませんが…。


 では、なぜ二つの呼び方があるのか?それは、季節によって
呼び名が変わるからです。ぼたもちは、春の花の牡丹からとった
名前で、おはぎは、秋の花の萩からとった名前です。なので、
正確に言うと、春の彼岸はぼたもち、秋の彼岸はおはぎと呼ぶ
のが正しい呼び方になります。


 自分はこのうんちくを知るまで、おはぎとぼたもちの言い方の
違いは、言葉の古さの違いだと思っていました。なぜなら、ぼた
もちの名前を見るとしたら、日本昔話や民話の中だけのような
感じがしたからです。


 これを読んで初めて知った方、この豆知識が役立つ日が来るか
はわかりませんが、頭の片隅にでも入れておいて下さい。クイズ
大会に参加して、これを知ってたから賞品が貰えた!なんてこと
があるかもしれませんし…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック