たけご

 春の行楽弁当の二大ごはんといえば、豆ごはんと筍ごはん
です。前回、「まめご」を取り上げたので、今回は、「たけご」を
取り上げることにしました。相変わらずの「おにご」形式です…。


 ごく一般的な筍ごはんは、筍入り五目ごはんで、細かく切った
野菜が色々と入っています。でも、自分は面倒くさがりなので、
家で食べたくなった時は、ごく単純で簡単な方法を取ります。
具材は、茹で筍と鰹パックだけです。洗った米に酒と醤油を適量
加え、水加減し、削り節を入れ、適当に切った筍を加えて炊くだけ
です。シンプルですが、おいしいです。あれば、山椒の葉を添える
と、さらに春らしく、おいしくなります。


 筍には、食物繊維があり、薬膳では、体内のネバネバをサラサラ
にする効果があると言われていて、身体に良いです。海藻との相性
が良く、若竹煮もオススメです。


 筍に限りませんが、筍を最初に食べた人って、なんかわからない
けど凄いなあと思います。何も認識のない人が、竹林の中で筍を
見つけても、普通、食べようとは思わない様な気がします。でも、
何事も、トライしてみなければわからない、という事でしょうか?


画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック