初鰹は750日?

 「旬の初ものを食べると、寿命が75日のびる」
という言い伝えが昔からあるそうです。最近、スーパーのチラシ
を見ていて知りました。ですが、旬を迎えた初鰹に関しては、なぜか、
その10倍の効果があり、750日のびる、と言われているそうです。


 初鰹といえば、「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」という有名な俳句
があり、今の時期を代表する旬の食べ物です。秋に出回る戻り鰹に
比べると、脂ののりが軽く、さっぱりした味が特徴です。暑くなってきた
この時期に冷たく冷やした鰹のタタキを食べると、なんとなく元気が
沸いてくるような気がします。生姜やニンニク、シソやネギやミョウガ等
の薬味を加えると、食欲が刺激されて、いくらでも食べられる位おいしい
です。さすが、寿命がプラス750日と言われているだけの事はあるなあ、
と思わないでもないです。ちなみに、薬膳では、鰹は養血効果がある
そうです。


 国内外問わず昔から、不老長寿は、人々の関心事だったようですが、
長生きすることは、そんなにいい事だろうか?とふと思ってしまいます。
順風満帆で、ほとんど不満がない人生というのは少数派で、うまくいかな
かったり、しんどかったりする場面が多い人生が多数派なのは、昔から
変わらないのではないでしょうか?しかも、長く生きれば生きる程、当然
老いますし…。どんなに文化が進んでも、老いは止められません。それ
なのに、いつの時代も不老長寿信仰は、根強く存在します。老化に抵抗
したい気持ちは誰しもわかるところですが、長命に関しては、いいのか
悪いのか…。なんだかんだあっても、やっぱり人生は素晴らしいという事
でしょうか?

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック