7/27(金)は、土用丑の日

 今度の金曜日は、土用丑の日です。
でも、今年の鰻は値段が高騰していて、お困りの方も
多いのでは? スーパー等を覗いてみても、一匹二千円
位で売られていたりします。

 
 高騰の理由は、稚魚の不漁とのことですが、
鰻は、養殖ものでも、どこかから稚魚を獲ってきて
育てているので、稚魚が不漁だと大きく影響するようです。


 鰻はすごく身近な魚ですが、産卵場所や卵の孵化について
未だ解明されていない部分があり、それが完全養殖を不能に
しているらしいです。意外と?謎めいた生き物です。


 ところで、土用丑の日になぜ鰻なのか?それは、日本の
レオナルド・ダ・ヴィンチとの異名をもつ、江戸時代に活躍した
平賀源内が、夏に売り上げが落ちて困っていた鰻屋の為に
考えたキャッチコピーが元になっているという説があります。
こういう行事食は、旬に合わせての場合が多いですが、その
点では、鰻は夏が一番味が落ちるという話を聞いたことが
あります。適当に?考え出した事が後々の世にまで引き継が
れることになるとは、さすがの平賀源内も思わなかったのでは
ないかと…。


 鰻はスタミナ食で、薬膳では、腎に良いとされています。
価格高騰の影響で、穴子で代用しようとか、豚蒲焼き丼
を売りだそうとか、色々な動きもあるようですが、いわれに
大した意味はなくても、やはり鰻が食べたいなあと思って
しまいます。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック